FXはどのように取引するか

FXで取引を行う場合、まずスキャルピングやデイトレードなどの短期間での決済を繰り返すのか、長期保有するのか取引スタイルを決めます。
どちらで取引をするかによって利用する会社を選ぶ基準が異なります。FXで短期間の決済を繰り返す場合、その都度手数料に相当するスプレッドを支払うことになるため、できるだけこの値が少ない会社で取引を行います。


なお、スプレッドは取引量の多い通貨では少なく、少ない通貨では大きくなります。

基本的に固定の値になっていますが、取引量が少なくなる時間に大きくなることがあります。

また、スリッページには注意します。



これは決済の際に指定したレートと実際に約定したレートのずれであり、これが大きいと損する可能性が高くなるため、スリッページがなく、確実に約定できる会社を選ぶと良いです。

FXで長期保有する場合はスワップと呼ばれる値で会社と取引する通貨ペアを選びます。



これは通貨間の金利差であり、日付を跨ぐとその分の損益が発生します。
この取引で注意することとして、主にスワップを利用して利益を出していきますが、決済の際は当然ながら為替相場の変動の影響を受けます。相場が下がっても長期的には戻るだろうと楽観視してそのままにしていると、相場が下がりすぎて大きな損失を被る危険性があるため、状況に応じて損切りが必要です。

また、証拠金は大目にしてレバレッジが高くならないようにします。

スワップの大きい通貨は相場の変動幅が大きく、レバレッジが高いと少しの変動でロスカットによる強制決済が発生して損が確定してしまうため、避けなければなりません。