FXの空売りの仕組みとは

FXではその取引の特徴として「空売りが出来る」ということが挙げられます。


空売りとは今手元にない通貨を売ることで、一見するとどういう意味か分からないとも感じられてしまうでしょう。



これをわかりやすくすると「業者から指定した分の通貨を借りて一旦売って、後で買って返済する」といった形になります。

例えば現在米ドルが右肩下がりになっていて、今後も下がる見通しが強いとしましょう。
そうした中で買うと損失が膨らむばかりで無意味な行為となってしまいますが、逆に今売っておいて後からその分を買うというようにすれば利益が出ます。



そうした見込みがある場合には1万ドルをFX業者から借り入れて一旦売り払い、そして米ドルがさらに下がったところで1万ドルを自分で買ってFX業者に返せば良いわけです。

仮に1米ドル100円だったものが1米ドル90円になり、1万米ドルを空売りした場合、自分は一度100万円を得ることになります。

もちろんこれは米ドルを借金しているような状態ですから、まだ取引は完了していません。
この後1米ドルが90円になった状態で1万米ドルを買い戻すわけですが、この際に支払うのは90万円です。この90万円を使って1万米ドルを返すわけですから、最終的には100万円-90万円で10万円の利益といった形で確定するのです。

ただ少々注意したいのがスワップポイントの存在で、日本円のスワップ金利は世界的に見ても低い水準にあります。
売り注文の場合は金利が高い米ドルを売って金利が低い日本円を買う形になりますから、その差額分を手数料として支払わなくてはなりません。



日本円を売って別の通貨を買う場合は利益が出やすいのとは逆になりますから、ここだけは注意しましょう。