怪しい海外FX業者の見分け方

海外FX業者を利用したことによる詐欺事件が後を絶ちません。


非常に有益な海外FX業者も多いので残念というほかはありません。

しかし、問題なのは、以前は怪しい業者を見分けるのがそれほど難しくはなかったのですが、最近では、人気の高いまじめな海外FX業者と似たようなサービスを提供することで、見分けることが難しくなってきているということです。分かりやすく言いますと、最近日本で話題の闇金融業者が、大手カードローン業者と見間違うようなホームページにしたり、サービスやキャンペーンを行っているようなものです。



詐欺業者とは、万国共通で同じような手口をみせるようです。



これらの観点から、まず、日本語サイトを提供している業者には取りあえず注意を払いましょう。

優良な海外業者のほとんどが日本語サイトを提供していますが、これをまねている訳です。



同様に、過剰なボーナスやキャッシュバックがある場合にも注意が必要となります。歴史や実績のない新興業者には特に注意が必要です。

次に、いわゆるノーライセンス企業です。


以前の詐欺業者のケースは、ノーライセンス業者がすべてという状況でしたが、最近ではライセンスを所有している詐欺業者もいますので困ったものです。従ってノーライセンスであればほぼ詐欺業者、ライセンスを所有していても100%は信用できないということです。

また、あくまで参考程度ということで、ForexPeaceArmy(FPA)という海外フォーラムの判定やレビューも参考にすることができます。

ただし、優良業者の場合にもネガティブキャンペーンなどでたたかれることも多く、あくまで参考程度というところです。