FX取引では損切りが大事

FX取引を行う上で心得ておかなければならないことが、損が大きくなると感じたときに迷わずに損切りをする決断力を持つことです。

為替相場は上下に変動するため、保有する通貨の価値が下がってもしばらくすると元に戻ることがあります。しかし、これを期待して様子を見ていると、損失が膨れ上がってしまう危険性があります。


これを防ぐために、自分でどの程度まで損が膨らんだら損切りを行うか基準を作り、それを必ず守るようにします。

場合によっては損切りしない方が良かったということもありますが、損切りした取引のことはいつまでも考えずに次の取引に専念します。


損切りして失敗したと思い、次に損失が出たときに基準を超えても様子を見てしまうのは危険です。



FX業者ではデモトレードができるものがあり、仮想通貨で取引を行えます。


利益は出ませんが、損失も出ないので、実際に取引を行う前にこれを使って損切りのタイミングなどを検討すると良いです。



また、いくつかの業者でデモトレードを行い、どの業者のツールが使い勝手が良いか確認し、どこをメインで利用するかの判断材料にします。
FXのデモトレードで練習してから実際の取引をするときに注意しなければならないのが、損切りの決断が鈍らないようにすることです。デモトレードでは失敗しても損しませんが、実際の取引では損します。

この心理要因によって損切りの決断が鈍り、デモトレードでは利益が出ていたのに実際の取引では損してしまうケースがあります。