大幅に変更が加えられたiphone8

iphone8は従来型と比較してデザインと機能性に大幅な変更が加えられる予定です。

発売日は2017年の10月から11月と予想されていますが、新しい技術や生産体制によっては2018年になる可能性もあります。

iphone8が従来型と比較して最も進化した点は新型のディスプレイです。

これまでのモデルには液晶ディスプレイが採用されていましたが、新しくOLEDディスプレイが採用されることになりました。

iphone8の機種変更についての情報を簡単に探すことができます。

OLEDディスプレイは有機ELと呼ばれる発光現象を利用した新技術です。


発光ダイオードや発光ポリマーとも呼ばれます。

初めてでもわかりやすい、Yahoo!知恵袋情報のご紹介です。

従来型の液晶ディスプレイは光を出すためのバックライトと液晶が必要でした。


しかし新型ディスプレイはOLED自体が発光するため、バックライトと液晶は不要になります。
またOLEDディスプレイは軽量で薄いという特徴があり、フィルム基盤の場合には曲げることも可能です。
iphone8にはスチールケースとガラス基板が採用される見通しですが、薄く軽量化されています。
さらに消費電力も抑えられ、バッテリー寿命も長期化します。


iphone8の新型ディスプレイは優れた機能を有すると考えられていますが、量産体制を整えるのに時間がかかります。OLEDディスプレイの生産状況によって発売日が2018年になる可能性も存在します。

iphone8は伝統的なホームボタンを廃止してファンクションエリアを設置するなど、機能性だけでなくデザインにも大幅な変更が加えられています。