iphone8が従来のモデルと異なる点とは

iphone8が従来のモデルと大きく異なる点は機能性とデザインです。


特に新型ディスプレイは新しい技術が採用されており、機能性の向上に役立っています。
従来のモデルには液晶ディスプレイが採用されていました。


液晶ディスプレイは発光と発色にバックライトと液晶を必要としたため本体が厚くなります。
一方新型ディスプレイにはOLEDと呼ばれる新技術が採用されています。OLEDとは有機ELと呼ばれる発光現象を利用した技術です。
有機ELとは有機エレクトロルミネッセンスの略称で、有機化合物である発光ダイオードに電子が流れ正孔と再結合することで励起子が発生し発光します。

iphone8の新型ディスプレイではOLED自体が発光するので、バックライトや液晶は不要です。

納得のiphone8の発売日に関する情報を提供中です。

OLEDは消費電力も少なくバッテリーの駆動時間を長くできます。

また軽量で薄いことからiphone8本体は従来のモデルよりも薄くて軽いと予想されています。

日本経済新聞情報もきっとあるはずです。

OLEDは新しい技術なので大量生産体制を整えるまでに時間が必要です。
一般的にiphone8の発売日は2017年の10月頃と予想されていますが、OLEDディスプレイの生産状況によっては2018年まで延長される可能性も存在します。



またOLEDディスプレイの生産量は初期型iphone8の生産量にも影響を及ぼします。

OLEDディスプレイの生産量によっては初期型の生産量は限定的となる可能性があります。

新型モデルはホームボタンの廃止やカラーバリエーションにミラーカラーが追加されるなど、機能性だけでなくデザインも大きく変更される予定です。