FXにおける手数料無料の意味について

FXでは金融商品の取引によくある手数料の概念がないことで知られています。
株式の取引や投資信託の売買においては、売買のタイミングで取引に応じた手数料が徴収されるのが基本的な対応となっています。
しかしFXにおいてはそのような仕組みがないため、手数料が無いといわれています。

実際にサービスを提供している事業者の中にも手数料無料を売り文句にしているケースが少なくありません。
しかしこの手数料が無いという認識は正確なものではありません。

その理由として外国為替の世界には売値と買値で異なる値が存在するのが一般的であるからです。

つまり全く同じタイミングで売買をしたとしても買値と売値は違うのです。これは空港などで行われている外貨両替とも共通する仕組みであり、FXの世界でも導入されています。



この価格差のことをスプレッドと言いますが、実はこのスプレッドはサービスを提供している業者によっても異なりますし、為替相場の変動が急激である場合などには拡大する傾向があることも知られているのです。

このスプレッドによって買い手や売り手は異なる相場で決済をするしかありません。
この価格差は仲介する業者の手取りとなりますので実質的な手数料であると言えるのです。

そのため実質的な手数料までが存在しないFX業者は存在していません。



そのためスプレッドが可能な限り小さな業者を探すことが手数料の安い業者を探すことにつながっているのです。
この様な仕組みについて理解しておくべきです。