FXと外貨預金の違いについて

外国為替をテーマにした金融商品で利益を出したいと考えた場合に選択したがってくるのは外貨預金とFXです。
これらはどちらも外国の通貨をテーマにした金融商品であると言う共通点があるものの、初心者にはその違いが少しわかりにくいところがあります。
実際につのサービスを利用してみればすぐに違いがはっきりとわかるようになるのですが、最初の段階では少し苦戦する人が多いのです。

まず外貨預金は日本円を外国の通貨に両替して預金をすると言う仕組みで成り立っています。

したがって外貨を購入する取引になります。また仮に100万円分の外貨の運用することを考えているのであれば、100万円の現金が必要になるのが外貨預金です。
当たり前のことのようですが、FXではこの当たり前から外れた取引をすることも可能です。



まず第一に外貨を得ると言うところから取引を始めることができるのが特徴となっています。



そのため円高と円安のどちらの局面であっても予想する方向性さえ正しければ利益が出せると言う点が特徴となっています。

またFXの場合には証拠金取引と言う特徴がありますので、実際に預け入れた資金以上の大きな応用することができる仕組みがあります。現在のFXの制度では証拠金に対して25倍の運用が可能になっていますので、100万円の運用するためには4万円あれば良いと言う仕組みなのです。


この点が外貨預金とFXの大きな違いであると言えるのです。

またこの特徴はメリットでもありデメリットにもなります。この仕組みが理解できてから取引を行うべきです。