海外のFXを利用するメリットとデメリット

FXの口座は日本だけでなく海外にも作ることができ、これを利用する投資家もいます。海外口座ならではのメリットがあるためですが、デメリットもあるので利用前に双方を把握して適切な業者を選ぶ必要があります。

海外のFX口座で最も大きなメリットになるのが高いレバレッジです。日本の業者では法規制によって個人取引では最大で25倍のレバレッジになっていますが、海外ではこの影響を受けないため、100倍以上のレバレッジを利用できます。
証拠金が少ない、または必要ないことがあり、ロスカットが発生しにくくなっているのも特徴です。



これによって相場変動に対応できなかったときでも強制的に損失を確定させられずに済みます。



ここで気になるのが証拠金を超える損失が出てマイナスになった場合にどうなるかですが、国内ではマイナス分を口座に入金しなければならない追証がありますが、海外ではゼロカットと呼ばれる制度があり、マイナスになっても残高を0にして追証は求められません。

ただし、適用していないこともあるので、確認しておくと良いです。

海外のFX口座のデメリットとなるのが、国内の業者ではないため実態が分かりにくく、悪質な業者も存在していることです。

出金に条件があったり、手続きをしても出金されないなどのトラブルが多いです。また、国内では信託保全のある業者が多いですが、海外では分別管理まではしていても信託保全まではしていないこともあり、倒産の際にお金が戻ってこない危険性があります。



そのため、利用するときは安全性の高い業者であることを十分に確認しておかなければなりません。